腰部の疾患の治療法|逆流性食道炎やがんはストレスを溜めない習慣で予防できる

腰部の疾患の治療法

カウンセリング

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなど、腰部の疾患は加齢とともに誰でも発症する可能性があり、その知識を深めておくことが大切です。これらの疾患では、神経を圧迫している部分を切除する治療法や薬物療法が一般的でしたが、最近ではXLIFという方法が注目されています。XLIFは腰部の疾患の先端的な治療法ですが、最近では保険が適用されるようになり、高額医療費の給付制度も受けられるようになりました。入院期間は一般的に1週間から2週間なので、入院費、食費などの見積もりもしやすくなっています。2週間程度の入院費や食費、各種保険や制度を適用した上での料金を算定し、XLIF療法を受けるための費用を準備することが大切です。

XLIF療法では疾患に合わせて、各部位に特殊な器具を埋め込むという特徴があります。全身麻酔が必要となるため、手術の前には1カ月程かけて麻酔に関する検査を行います。XLIFの器具は離れてしまった骨を、従来の治療法に比べて短期間で自然に接続する機能を持ち、早期の根本的治療が可能です。さらに、埋め込みの手術は切開部分が少なく、背筋の神経を避けて行うため、術後の負担が軽減されていることも特徴的です。この器具の埋め込みによるXLIF療法は、手術当日は飲食ができませんが、前日の夜までは可能で、さらに手術翌日からは通常通りの食事を取ることができます。術後2日から3日後には歩行も可能になり、回復が全体的にスムーズという点で特徴的です。